巫女(巫(かんなぎ)師)養成講座体系

巫女とは神の子であり「神子(みこ)」。。
巫女とは、神と人間の中間的存在であり、
神と人とを繋ぐ、神ながらの祈り人。。

*巫を¨かんなぎ¨というが、それは、¨神和ぎ神薙ぎ神凪¨と呼んだりする。。

神と人とを繋ぐ、柱人、ミコトとしての修養を、この階梯にて
積み上げ、美しき大和の心を伝える、伝え人に相応しき
真善美を養っていくものとする。

允可の階梯は、次の通りとする。

  • 直教(小允)巫女(巫師)
  • 正教(中允)巫女(巫師)
  • 明教(大允)巫女(巫師)

直教(小允)階梯

  • 神折符の伝(古代巫女の祈りの秘法)
  • その1清め包み護身符三剣符 2時間半
  • その2宇宙の律動と響き合う符降守護霊符 2時間
  • その3鎮魂折符祓折符願望成就符 2時間

斎宮(女性の神官巫女)の方々に密かに伝わってきた美しき大和の祈りの道……

神折符の秘法を伝授

巫女まじない祭礼祭式作法(入門)

巫女として必要な、古代の神法であるまじない法を伝授
神霊に対して礼を失しないために、礼法の根源でもある、
神事作法の基礎 を学び、神々の息吹と響きあい感応するための所作の習得

3時間

祝詞祭礼祭式作法(基礎)

神とつながっていった神聖な作法(基礎)の習得、
神様とつながっていく入り口となる“祝詞”の意味や読み方などを伝授

3時間

自霊拝の秘儀を伝授

自ら聖なる神殿となるべき古神道の奥義、自霊拝の秘儀を伝授
聖なる尊き真我と繋がり、巫女(巫師)として揺るがない我を創造していく

3時間半

以上の階梯(伝授の順は問わず)を修了した者に直教巫女(巫師)を允可す

正教(中允)階梯

産霊(むすび)の真法(まのり)~十種神宝編

この秘伝の真法(まのり)は、個人の再生、建て直しを促し、
また同じく国家安寧と再生、世界平和と弥栄、全てが神ながらに
治まっていくための祈りの修法宇宙と我を繋ぐ秘法
巫女(巫師)としての質を高め、巫女(巫師)として公のために祈る心構え(自覚)と秘儀の習得

2時間半

古神道行法七座満行

以上の階梯(伝授の順は問わず)を修了した者に正教巫女(巫師)を允可す

*直教階梯修了時、既に産霊(むすび)の真法(まのり)~十種神宝編受講済みの者、
及び古神道行法七座満行の者には、直教階梯修了時に、正教巫女(巫師)を允可す

明教(大允)階梯

  • 太占(ふとまに)神占伝授
  • 巫女まじない奥伝(霊符等)伝授
  • 産霊(むすび)の真法(まのり)~神言(アチメの祈り)編
  • 他祭礼祭式(応用)の習得巫女舞習得等々

古神道行道十四座満行

正教巫女(巫師)允可後、以上の階梯(伝授の順は問わず)を修了した者、
また、他の修法の研鑽を積んだ者に明教巫女(巫師)を允可す