言霊による岩戸開き~言霊修道士養成(初伝1)

受講時間:4時間 受講料:1万5千円 

言葉は神なりき
神なる言葉を称えまつれば 

我もまた 神の子と成るなり

そう・・・
神の想いが 言霊・・・

 

神は ミコト・・・美言(みこと)

言葉は 生命 そのもの・・・

そして、自らの深奥からの、その魂からの、
その生命からの響きそのものが、言霊なのです。。

この 神の想い(美言(ミコト))である 言霊を、
自由に、自在に発することが出来るようになるとき、

私たちは、今、この時、この場所に、何故自分が存在しているのか、

そのミコトモチ(使命)は何なのかを思い出していくことが
出来るようになっていくのです。。

それは、自らの開霊(ミタマヒラキ)・・・

そして、宇宙のさらなる 岩戸開き・・・

古来より、人間が神の位に上るには(神であった ことを思い出すには)、

言霊が自由に出せるようにならなければならないと言われてきました。

このワークでは、古伝の秘法に則り、言霊を伊吹かせていくことにより、
自らのさらなる開霊(ミタマヒラキ)を楽しく行っていきます。。

また、この古伝の法は、誰でも容易に、開霊(ミタマヒラキ)の方法を
習得することができるシステムになっています。。

一回のワーク4時間で、計12時間(3回)ほどで)

そのプロセスの中で、言葉による禊ぎによって、過去の古い囚われ(トラウマ等)
が解き放たれ、やがては内在する一霊の神扉が開かれていき、

神の想いの言霊が求むるに従い泉のごとく沸き出で、

それとともに、内なる真我がより発顕していきます。

そしてその言葉は、意図せずして゜神の宣り言゜となり、

メッセージ性の高い和歌が降りてくるようにもなって

事の吉凶などもふと分かるようになっていくことにもなります。

ついには、゜言即事゜となっていくのです。。

しかして、このワークはあくまで、自らの開霊(ミタマヒラキ)、
真我一体のうれしたのしの境地を求めていくことが本質です。。

それはまた、神ながらの道の、祈り合い称え合いの道でもあり

宇宙の生成化育に寄与していくことにもなるのです。。

皆さまとともに、さらなる岩戸開きをうれしたのしで行ってまいりましょう。。。

 

言霊修道士の資格体系(詳しくはこちら)

 

・言霊修道士(初伝)
  
   「言霊による岩戸開き~言霊修道士養成」講座

    (3回コース 計12時間)を受講していただくと、授与いたします。

 

・言霊修道士中伝(言霊修道指導士)
    ☆言霊修道士養成講座のワークショップを開くことができます。。

    「上記 初伝コース」受講者で、指導士養成講座を受講修了し、一定の要件を満たしたもの。

    (お問い合わせ下さい)

 

・言霊修道士上伝(言霊修道教師)

    ☆言霊修道指導士(言霊修道士中伝)の養成ができるようになります。

    「上記 中伝」の資格を有するもので、一定の要件を満たしたもの。

    (お問い合わせ下さい)

 

・言霊修道士奥伝(言霊司(つかさ))

    (お問い合わせ下さい)

       

☆☆一人でも多くの方に、この言霊による開霊(ミタマヒラキ) の方法が伝わり、
うれしたのしの弥栄の道を、神ながらの道を皆さまと一緒に歩んでいくことができればと思っています。。

<主な内容>

・言霊について

  古伝の秘法「コゴトの神法」について

・禊ぎの方法
 
  古伝振り魂 伊吹(呼吸法) 等
・真澄鏡修法
  天地産霊(むすび)の法を体得

・言霊発顕修法

  • 鎮魂呼吸
  • 一言廻し
  • 二言廻し
  • 三言廻し
  • 五言廻し
  • 歌垣
  • 言霊の舞
  • メッセージを降ろす

上記の秘法を積み上げ方式により、3回(一回4時間の計12時間)修法していきます。