巫女(巫(かんなぎ)師)養成講座~古代巫女の祈り(神折符編)

~古代の巫女に密かに伝えられてきた 神折符の伝授 ~ 所要時間:約2時間半 受講料:1万円(各回とも)

古代の巫女、シャーマンが行っていた宇宙と一体化していく過程を
誰もが体感していく……

儒教,仏教,道教などが日本に伝来する前から存在していた、
我が国固有の純粋なる祈りの道・・・
神折符・・・

「神折符」とは、ただ一枚の清浄なる和紙を折り、包み、結ぶことにより
宇宙発生、万物生成の過程を追体験し神界とのコンタクトの道を繋ぎ

自分自身を整え、神我一体の境地を悟っていく祈りの行です。

古代シャーマンの倭姫(ヤマトヒメ)を始めとする斎宮(=女性の神官 巫女)の方々も、
宇宙の 秘儀へと参入し神界と現界を自在に往来したと 伝えられています。

宮中祭祀とも関係する古神道における最高最奥の秘事 と言われている「神折符」。

【神折符の起源】
神折符の起源については、天の岩戸開きの時とも、天孫降臨のときとも言われていますが

伊勢神宮の斎宮の秘儀として、これまで非公開でした。

この秘儀は、全くの口伝で一世代につき僅か数人の選ばれた修道士にのみ伝えられています。

【講座の主な内容】(巫女(巫(かんなぎ)師)養成講座体系はこちら)

1回目 (約2時間半)

  • 神折の真髄とは
  • 清め包みの秘法
  • 護身符(厄災、霊障などから身を護る)
  • 三剣符

2回目 (約2時間 一回目修了者のみ参加可能)

  • 宇宙と響き合う折符
  • 招福符
  • 降守護霊符(守護の存在を降ろし、チャネルの回路をさらに開く)

3回目 (約2時間 二回目終了者のみ参加可能)

  • 祓い符
  • 願望成就符
  • 鎮魂符 (鎮魂の奥義を伝授。真我,ハイヤーセルフとの深い一体化)

☆神聖なる場を創るための秘言、秘印の伝授、その他、自分を整えるための秘言、
秘印のいくつかを 合わせてお伝えいたします。

☆普通の護符作りのWSでは、現世利益的な護符作りで留まることが多い傾向にあるようですが、

このWSでは「祈り」の行や「宇宙合一」を含めた神折符の本質もお伝えいたします。

(男性の方も参加可能です。。)