神代文字ワークショップ~本格編~

所要時間:約5時間 受講料:1万5千円(基礎編受講済みの方は1万3千円 再受講:1万2千円)

この日の本の国は、「言霊の幸ふ国」と称えられてきました。
言霊は、神と人を繋ぐ息吹であり、また、神の想いが現れたものともいえます。

言霊は宇宙の響きそのものであり、そしてそれは創造の力であり、祈りそのものでもあります。

この言霊の息吹、つまりは神の波動がそのまま発現し形象化したものが¨神代文字¨です。

このワークショップでは、天地運行、宇宙の叡智、神の波動を凝縮した、正神界直伝の神字を書写し、

その習得によって正神界との気線をさらに結び、守護の存在との繋がりを強化していきます。

古神道の神髄なる世界を身近に体感するワークショップです。

主な内容

古神道に於ける、最も重秘とされる神字(霊図)をお伝えします。。

この霊符の根源とされる型霊(かただま)は、イザナギの大神が、天の御柱を立て給うた時に、

宇宙(根源)より受け取ったとされるものです。
それを書写し、各自修法を行うことにより宇宙の根源と霊線が結ばれ、その叡智と神秘に共振し、
自らの霊性さらに開眼していきます。

また、その波動は、三次元的には百邪を退け、福寿を増し、寿命長久、子孫繁栄をもたらすといわれ、

その応験は絶大なものとされています。

  • 神字(真字)の伝授と書写(五つの型霊を伝授)
  • 修法の伝授
  • 各自修法(ワーク)
  • 各自穢れなきよう清め包みにてお持ち帰りいただきます。(常時携帯することにより、その応験をいつでも得ることができます)

*黒と朱の筆ペン(呉竹の筆ペンが最適)を御用意下さい。。
化学顔料のものは不可です。墨の顔料使用のものをお願いします。